top

 

 

 

厳戒下のカンボジアを行く

 

 

プロフィール

著書

監督作品

 

     

カンボジアの人たちの朝は早い。太陽とともに起き、日が沈むと眠る。

人間として当たり前の生活であり、合理的でもある。

日本人がそんな生活をしなくなって久しい。夜遅くまで電気をこうこうとともして、勉強したり仕事をしたりするのが、いつの日からか”善”になってしまった。

エネルギーを生み出し、消費する回路がいつの間にか変わってきたためだ。
それは人間の知恵によるものだ。

知恵がいつも正しいとは限らない。悪知恵もあれば、知恵が欲望をかりたてることもある。「意識」はしばしば「無意識」を汚してゆくのだ。

カンボジア人に米の二期作を教えた日本人の技術者に、当のカンボジア人は「ありがとう。これで来年は働かなくていい」と言ったという。

何というおおらかさであろう。何と欲のないことであろう。

カンボジアの人たちは、仏教に裏打ちされた秩序だった心を持っている。

それでも、なのか、それゆえか、人々の無意識がとても美しい。

底辺にいる物乞いにいたるまで、そうなのにはただ ただ驚く。

 

 

厳戒下のカンボジアを行く

Amazon 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無断転載を禁じます copyright(C) Itsuo YOSHIOKA